スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲の仕上げは大切です。

最近どうにも曲の制作が芳しくありませんね。
かっこいい音にする為に試行錯誤や重複思考を繰り返しております。

もっとベースのフレーズを、ストリングスのフレーズをこんな感じにしようだとか。
もっとこういうコード進行の方が良いんじゃないだろうか、とか。

まぁ、ラフ用の安っぽい音源で聴いているからそんな風に思ってしまうだけで、
音源差し替えて、
ガッツリミックスしてあげれば良い感じに聴こえるかもしれないんですけどね。
MIDIの時点で良いと思える位に仕上げるのが絶対に良いと自分は考えます。

そんな事言っても一応2番までは大雑把に出来てはいるんですけどね。


さて、
楽曲を作る上で必ず気を付けなければいけない事があるんです。
非常に単純な事ですが、
結構それが出来てない人が多かったりするんですね。

それはつまり、
ノイズだったり耳障りな音だったりには、細心の注意を払えって事です。
全体的にはとっても良い感じでも、
たった1カ所のノイズ、音割れによって、
駄作の烙印を押される事になる楽曲ってのが少なからずある訳で。
それは大変勿体ない事です。

リスナーはそういう所は結構シビアなものです。
なのでミックス、マスタリングを行う際は、
変に耳に痛い所は無いかとか、
曲の始めと終わりにノイズが残ってないかとか、
そういった部分を注意深く丁寧にトリートメントする事が非常に大切な訳です。

こんな事を書きながら、
さて自分はそれが出来ているかなぁなんて考えたりする訳ですが。

昔の曲となると結構大雑把だったりするんですけどね。
丁寧さも大切だけど、勢いも大事って事でここは一つ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Koss

Author:Koss
日々音楽制作に明け暮れて、
生き急いでる毎日です。

来場者数
最新記事
カテゴリ
Twitter
 
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。