スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末年始のアレやコレやを書く日記では無いので、
年末年始に感じた、
音楽的な事をサッと書いていきたいと思います。

初志貫徹って奴ですよ。あんまり意味はありませんけど。


そして何故か「This is it」の話をする訳です。
年末年始関係ないって?
する事無いからマイケルの活躍を観ていた訳ですよ。

や、非常に意欲が湧くような映画でしてね。



音楽を強烈なエンターテインメントへと昇華させるあの力は何なんでしょうね。
細かい所までこだわりを見せる姿勢に感慨深いものを感じました。
音の入りであるとか、余韻であるとか、その他諸々……。

あと感じた事と言えば、
作曲家は音楽を「音」で表現しますが、
ダンサーは音楽を「身体」で表現するんだなぁと。
全身でリズムを刻み、
キメのフレーズでは全員でキメる。
実にかっこいい。

曲に関しても考えさせられる部分があり、
キメのタイミングが独特で面白いなぁと思いながら聴いてました。
普通の人と聴き方が違っておかしいです。

邦楽はバリエーション豊かなコード、リズムパターンがありますが、
洋楽、というかマイケルジャクソンの曲は、
一定のリズム、一定のコードを繰り返して臨場感を出しているような印象でした。

シンプルでも、ここまでノリのある、勢いのある音を作れるんだなと。
非常に興味深い。
自分もそんな感じで今度作ってみようかと思ってしまう、
創作意欲をそそられる映画でございました。


その前に、今作っているバラードをとっとと完成させないといけませんね。
他にも作りたいものはたまっていますし、
もっと早く作れるようになれば良いんですけど。




……ぉぅ。今年の目標はそこかな。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Koss

Author:Koss
日々音楽制作に明け暮れて、
生き急いでる毎日です。

来場者数
最新記事
カテゴリ
Twitter
 
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。