スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハモリを録る時の注意点


※曲によります※
※独自の解釈です※


歌ってみた等で、
メインのパートだけではなく、
ハモリのパートも録って合わせたいと思う事はきっとよくあるのでしょう。

原曲にハモリが入っていない場合、
独自で考えてハモリを作って混ぜる事もあるのでしょう。

とても素晴らしい事ですね。
完成された曲に新しい解釈を組み込む、
建設的なアプローチだと私は思います。

ですが、
そんなハモリのパートを録音する際には、
ちょっと気を付けなければいけない事があります。

曲のメインメロディだけを聴きながらハモリを作ったりするとよく起こりそうな事だと思うのですが、
ハモリ単品で聴いてみて、
変なメロディだなぁっていう違和感が「無かった」場合、
ひょっとしたらそれはただ単に元のメロディのキーを変えて歌っているだけかもしれません。

そういった場合、メロディとハモリだけを合わせて聴くと、特に違和感はありません。
ですが、オケと混ぜた時に、所々で強烈に不協和に聴こえる部分が出てきます。
よくあるハモリというのは(よくあるって言い方は少々嫌な感じですネ)、
単体で聴くと妙に歪に聴こえるものです。
オケ、メロディと合わせて初めて完成するパートですから、
単品で聴いて変に感じる位が正しいものなのです。


ハモリ単品で聴いてみて、
しっくり来る感じがした場合は要注意という、お話。



※曲によります※

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Koss

Author:Koss
日々音楽制作に明け暮れて、
生き急いでる毎日です。

来場者数
最新記事
カテゴリ
Twitter
 
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。